牛乳を飲むと本当に身長は伸びるの?!

身長を伸ばすためにはどんな食べ物・飲み物がいい?!-そんな質問を投げかけると、大半の方が答えるのが“牛乳”です。

筆者自身もこのフレーズはよく耳にしていて、中には身長を伸ばすために、毎日牛乳を2リットルも飲んでいる!なんてつわものもいたくらいです。

ですが、これって果たして本当なのでしょうか?!
もしかすると都市伝説なのでは?!
そんな疑問を今日は解決していきたいと思います。

そもそも牛乳ってどんな飲み物?

牛から取れる…だなんてあまりにも基本的なことはさておいて!まずは最初に牛乳の意外と知られていない基本情報からご紹介していきたいと思います。

【意外と知らない!?牛乳の基本データ】
・牛から搾り取られた未殺菌の“生乳”が加熱処理などによって殺菌され加工された飲料のこと。
・人間の母乳と比較するとタンパク質が約3倍、カルシウムは約4倍も含まれている。
・ヤギの乳と比較しても、牛乳はタンパク質、カルシウムの配合量が優れている。

人間の赤ちゃんに至っては、近年母乳育児が推奨されていますよね。
そのイメージが強かったので、牛乳よりも栄養価が高いのでは?!なんて考えていたのですが…タンパク質やカルシウム量はかなり牛乳の方が勝っていますよね。
これには驚きました。
ただし…炭水化物(=糖質)に関しては、人間の母乳の方が含有量が高いんだといいます。
これは人間の場合は脳の発達が著しいため、脳に必要な糖質をとらなくてはならないためと考えられているようですよ。
そう考えると、人間には人間の…牛には牛の…それぞれの働きがあって、だからこそそれぞれの赤ちゃんに適したものが身体で作られるなんてすごい話ですよね!

牛乳には具体的にどんな栄養素が含まれているの?

さて、基本的なことがわかったところで、実際に牛乳に含まれている栄養素についてチェックしていきましょう。

【牛乳で補える栄養素とは?】
①カルシウム
②タンパク質
③脂肪
④炭水化物
⑤ビタミンA
⑥ビタミンB群

それぞれがどのようにして身長の伸びと関係しているのか…
上記の中で身長の伸びに関係している2つの栄養素をピックアップして、もう少し掘り下げて見ていきましょう。

身長の伸びと牛乳の栄養素の関係①カルシウム

牛乳に含まれているカルシウムの量はどの程度なのかというと、コップ一杯(200ml)で約220mg程度だといいます。
これはどのくらいの量なのかというと、大人が摂るべき一日のカルシウムの量の約1/3なんだとか。
通常の食事でもチーズやヨーグルトといった乳製品などでカルシウムは摂取できますので、そう考えると牛乳一杯でかなりのカルシウム量がフォローできちゃうんですね。

そんなカルシウム。
免疫力をキープしてくれたり、ホルモンの分泌などにも役立つのですが、やっぱりメインとして多くの人が認識している役割は【丈夫な骨や歯を作り出す】ということですよね。
これが身長の伸びにつながっていきます。

身長を伸ばすうえでは、骨の成長は欠かせない要素です。
カルシウムは決して骨を伸ばして、身長を直接的に伸ばしてくれるわけではありません。
ですが、骨自体が丈夫でなければ、骨の成長にはつながらないもの。
だからこそ、まずは大前提としてカルシウムの摂取が身長を伸ばすうえで欠かせないのかもしれませんね。

身長の伸びと牛乳の栄養素の関係②タンパク質

ここで登場するのが、タンパク質。

というのも、タンパク質には骨を伸ばしてくれる働きが期待できるからなんですね。

また、更に言うとタンパク質には成長ホルモンの分泌を促してくれる働きも期待できます。
つまりは骨にダイレクトに働きかけてくれるだけではなく、内面からも骨の成長を手助けしてくれる優れた成分なんですよ。

牛乳で身長が伸びるは嘘ではなかった!

結論をお話すると…牛乳を飲むことで身長が伸びるというのはあながち間違いではないようですね。
土台を強くしてくれるカルシウムと伸びを手助けしてくれるタンパク質が豊富に含まれています。

ただし、注意してほしいのは牛乳を飲めば必ずしも身長が伸びる訳ではないということ。
大切なのはやっぱり“バランス”です。牛乳だけに頼るのではなく、3食の食事管理もしっかり行ってあげること。

尚且つ運動や睡眠もしっかりとることによって、身長の伸びがより一層期待できるんですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ