子供の身長を伸ばすサプリって?

今話題のクワンソウって?身長を伸ばすうえで欠かせない睡眠に一役!

身長を伸ばすうえで欠かせない要素である睡眠。

とはいえ学校や塾などで忙しい毎日の中では、物理的に時間を確保することが難しいお子さんも多いでしょう。
それに加えて子供たちだって様々なストレスを抱えて生きています。
ストレスで中々寝付けないなんて子供も多いんだとか。

そんな現在社会だからこそ、今注目を集めているのが“クワンソウ”だといいます。

知らないじゃもう遅い?!

今回はそんな気になるクワンソウについて、わかりやすくご紹介していきたいと思います。

クワンソウってなあに?

まずはクワンソウをご存知ない方のために、簡単に基本情報をご説明いたしますね。

【クワンソウの基本データ】
・沖縄の伝統的な野菜の一種。
・別名“休息草”“眠り草”とも呼ばれている。
・薬効として入眠促進が期待できるとされている。

単なる野菜でしょ?!なんて声が聞こえてきそうですね。

ですが実はこのクワンソウの入眠に関する働きは、近年化学的にも実証され始めているんです。

どうして“眠り”に働きかけてくれるのか

では、一体どうしてこのクワンソウが眠りに働きかけてくれるのでしょうか。その答えはというと…

①眠りの質を高めてくれるアミノ酸(=オキシピナタニン)の含有量が高いため。
②同じアミノ酸で、グリシンも豊富に含まれており、こちらも睡眠サポートに役立つため。

単なる野菜と思っていましたが…眠りに働きかけてくれる成分がしっかりと含まれているんですね。

クワンソウはどうやって食べられているの?

では具体的に、クワンソウはどのようにして食べられているのでしょうか。

調べてみると、クワンソウはきれいなオレンジ色のお花を咲かせた葉であり、お花の部分だけではなく茎の柔らかい部分まで食べられるんだといいます。
驚いたのは、クックパッドで調べてみるとレシピがちゃんと出てくるというところ!
筆者自身もこれにはかなり驚きました!
それほどにまで、沖縄ではメジャーで愛されている食材の一つなんですね。

【クワンソウの調理ポイント】
必ず火を通して食べるようにしましょう。個人差がありますが、生で食べてしまうとお腹が緩くなってしまう場合があるようです。

【クワンソウの食べられる個所】
・茎(さっと湯がくだけでOK!シャキシャキとした食感が人気)
・花(酢の物やサラダに入れれば彩もきれいに!こちらもさっと湯がくだけでOK。)

手軽に手に入れる方法は?

とはいえ、中々沖縄に住んでいない限り手に入れるのは難しいのが現状ではないでしょうか。
スーパーで見かけたことがある…!という方は少ないように感じます。

では手軽に手に入れるにはどうしたらいいのか?
実はクワンソウは、多くの食品メーカー等によってネットなどで様々な商品に変わって多く出回っているんですよ!

【クワンソウが用いられた人気商品は?】
・クワンソウを用いたお茶
・クワンソウ配合のサプリメント

まとめ

いかがでしたか?

ちなみに最近では身長を伸ばすうえで、睡眠が大切だということに着目したメーカーも多いといいます。

それ故に成長をサポートしてくれるサプリメントなどの栄養補助食品に、クワンソウが配合されていることも多いようです。
クワンソウだけを取り入れるのはちょっと不安…なんて親御さんも多いかと思いますので、まずは気になる成長サポート系の栄養補助食品の含有成分などをチェックしてみてはいかがでしょうか。

身長を伸ばしたい方必見!まずは基本のキをおさえよう!

すらっと高い身長は男性はもちろん、女性にとっても憧れのスタイルですよね。

そんな憧れのスタイル、自分はかなわなかったけど子供には叶えてほしい!そんな風に考える親御さんも多いといいます。
そんな方々に向けて今回は、身長を伸ばすために必要な栄養素や行動等など、アレコレご紹介していきたいと思います。

と、まずはその前に。身長に関する基本的なことを皆さんはご存知でしょうか。

身長を伸ばす方法をチェックするのであれば、まずは基本的な情報を頭に入れておきましょう^^
知っているのと知らないとでは、身長を伸ばすチャンスをつかめるかどうかが変わってくるかも?!しれませんよ。

身長がぐんぐん伸びていく時期っていつなの?まだ間に合うの?身長を伸ばすために必要な三大要素って知ってる?

さて、身長を伸ばす上でキーになってくる時期は上記項目でおわかりいただけたはず。
では、具体的に何が必要になってくるのでしょうか。

ぼやっとした印象で考えると、「身長を伸ばすためには牛乳!」なんて声も聞こえてきそうですね。
確かにこれも一理ありますが、大切なのは生活におけるバランスです。
そのバランスとは何なのかというと…

①運動
②食事
③睡眠

この3つが大切になってくるんです。

三大要素の妨げが多い現代…

上記で上げた身長を伸ばすために必要な三大要素―運動・食事・睡眠。
とってもシンプルで簡単に思う方も多いかもしれませんが、実はこのシンプルで基本的なことこそがとっても難しくなってきているんですね。

【運動】

ゲームやスマホ、パソコンの普及で室内で過ごす子供も多い。
外で元気に遊ぶ!という風景が少なくなってきているとも言われている。
慢性的な運動不足になりやすいとの声も。

【食事】

厚生労働省の発表においても、子供たちの野菜不足が深刻だといわれている。
15歳以上の摂取目標に対し、7割程度しか摂取できていないとされている。
(健康日本21 野菜類摂取量の平均値 標準偏差の年次推移 参考)

【睡眠】

塾や学校の宿題などで忙しく、なかなか睡眠時間の確保が難しい。
また、テレビゲームやスマートフォンに夢中になることで、睡眠時間自体の短縮だけではなく、中々寝付けなくなってしまうという傾向もあるといわれている。

まとめ

いかがでしたか?
身長を伸ばすべく時期もわかった。
必要なものもわかった。
それの妨げとなるものもわかった。

ここからは具体的に必要なものをもう少し掘り下げてご紹介。

また、身長を伸ばす妨げとどう戦っていくべきかもご紹介していければと思います。

身長を伸ばすために必要な三大要素①運動-どうして運動が必要なの?

さて、前の記事で身長を伸ばすために必要な三大要素の一つとしてまず「運動」をご紹介しました。
今回はそもそもどうして運動が身長を伸ばすうえで必要になってくるのか?
その基本をご紹介していきたいと思います。

どうして運動が身長の伸びに影響するのか

「身長を伸ばすためには何が必要だとおもいますか?」

そんな質問をすると大体の人は「良く眠ること」とか、中には「牛乳を飲むこと」なんていう風に答えます。

なかなか運動と身長が結び付く人は少ないようですね。
では、そもそもどうして運動が身長の伸びに影響してくるのでしょうか。
その理由は様々考えられています。

①身体を動かすことで身長を伸ばすうえで欠かせない“成長ホルモン”の分泌が促されるから。
②身体を動かすことによって、骨へ良い刺激が加わるから。
③運動によって適度な疲労感を得られるため、これが熟睡・質の良い睡眠を促してくれるから。
④運動によってエネルギーを消費するため、空腹になりやすく、これが食欲へとつながるから。

それぞれをもう少し掘り下げて、詳しく見ていきましょう。

運動が身長を伸ばす理由①成長ホルモンの分泌

成長ホルモン

名前は聞いたことがあるという方も多いかと思います。
成長ホルモンとは、その名前の通りで成長する上で欠かせないホルモンのこと。

【成長ホルモンとは?】
①人間の中にある100以上のホルモンの中で、成長をつかさどっているホルモン。
②子供のころは骨を伸ばしてくれたり、筋肉を発達させてくれたりする。
③大人になると、代謝のサポートをしてくれる。

つまりは子供だけではなく、大人にとっても欠かすことのできない重要なホルモンなんですね。

そんな成長ホルモンは、運動をすることでより活発に分泌されるということがわかっています。
活発に分泌させれば、それがイコール身長の伸びに影響してくるというわけなんですね。

運動が身長を伸ばす理由②骨への刺激

骨への刺激と聞くと、なんだか逆に身長を伸ばす妨げになってしまいそうに感じますよね。

ですが、実はその逆なんです。

骨は刺激を受ければ受けるほど【強くなる】と言われています。

わかりやすく言うと。。。実は宇宙空間の無重力状態だと、骨は弱くなってしまうとも言われているんですよ。
つまりはこれは刺激のない状態だからということなんです。
ですので、運動をすることで骨に刺激を送れば、骨は強くなりぐんぐん成長することになる。
骨が成長すれば、身長をより伸ばしてくれることにつながるんですよ。

運動が身長を伸ばす理由③質の良い睡眠を促す

これは身長を伸ばす三大要素のうちの一つである「睡眠」へと繋がっていきます。
運動をすれば誰でも経験があると思いますが、疲れを感じますよね。
体育の授業の後についつい眠たくなってしまった…なんてことも。
適度な疲労は質の良い睡眠を促してくれます。
良質な睡眠を得ることで、これが身長を伸ばすことにもつながってくるんですよ。

運動が身長を伸ばす理由④食欲の増強を促す

これもまた誰でも経験があることだと思います。
運動をすればお腹がすく。
これは当然の流れですよね。

運動によってエネルギーを消費する為、私たちの身体はある種の飢餓状態に陥る。
これを補おうと体がするために、必然的にお腹がすくんですね。

睡眠と同様に後ほど詳しくご紹介していきますが、食事をしっかり摂って適切な栄養を得ることで身長の伸びにつながります。
栄養分がいきわたることで、それがしっかり成長につながるんですね。

運動すればした分だけ身長は伸びるの?!

どうして運動が身長の伸びに影響してくるのか?

これが理解できたところで、皆さんが多く抱く質問についてその答えをいくつかご紹介していきたいと思います。

まず最初に多く上がる質問。
それは、「だったら運動すればした分だけ身長は伸びるの?」というものですね。
その答えはずばり「ノー」です。

というのも運動はし過ぎてしまうと、身長の伸びには逆効果だといわれているからなんです。
これはNHKでも取り上げられた話題なのですが、日本成長学会の理事長である田中敏章医師によると、運動をし過ぎてしまうと成長に必要なカロリーまで消費してしまうことがあるといいます。
つまり大切なのは【適度な運動】ということ。
必要以上にハードな運動は、身長の伸びにはご法度のようですよ。

(参考:NHKニュース おはよう日本 https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2017/04/0401.html

身長の伸びにおすすめの運動とは?

身長を伸ばすうえでおすすめとされている運動を、ここでいくつかピックアップしてご紹介していきたいと思います。

【バスケットボール】

この理由は実はとってもシンプルで、縦の方向への動きが多いからなんだとか。
確かにバスケットボールの動きを考えてみると「ジャンプ」が多いですよね。
ジャンプすることで、縦方向に圧がかかるからだといわれているようですよ。

【バレーボール】

バレーボールに関しても、上記バスケットボールと同じ理由ですね。
ジャンプが多く、縦方向への圧が良い刺激となると考えられているようです。

身長の伸びにおすすめ出来ない運動とは?

では逆に身長を伸ばすうえで妨げとなってしまいやすい運動をご紹介します。

【筋トレ】

もちろん、適度な筋トレであれば問題ありません。
ここでいう筋トレとは過度なもの。
回数があまりにも多かったり、負荷があまりにも強いものだと、成長期の骨の関節には負荷がかかりすぎると考えられているんだといいます。
この理論で行くと、ウエイトトレーニングは尚のことご法度。
筋トレの内容には見極めが必要ですね。

まとめ

いかがでしたか?

適度な運動は身長の伸びだけではなく、健康の維持向上にも欠かせません。
お子さんの身長のためだけではなく、むしろ親御さんにもぜひ適度な運動は取り入れてもらいたいですね。
お子さんと一緒に、親子で軽いジョギングをしてみたりするのもおすすめですよ^^

身長を伸ばすために必要な三大要素②食事

さて、続いて身長を伸ばすうえで欠かせない要素としてご紹介するのは「食事」です。

食事が身長を伸ばすうえで重要になってくるのは、皆さんも想像がつきやすいかと思います。
今回はそういった基本的なことだけではなく、必要になってくる栄養素も詳しくご紹介していきますよ。

身長を伸ばすのにどうして食事が大切?

身長を伸ばすのにどうして食事が必要なのか?

それはやっぱり身長を伸ばすうえで欠かせない「骨」の成長に影響するからですね。
私たちは毎日の食事でビタミンやミネラルなど様々な栄養素を補給しています。
そうして補給した栄養素によって、骨を丈夫にしたり強くしたりする。
そうして強く丈夫になった骨がぐんぐん成長を遂げて、その結果として身長も伸びるというわけなんです。

身長を伸ばすうえで必要な栄養素とは?

では、身長を伸ばすうえで必要になってくる栄養素とは一体何なのでしょうか?

【身長を伸ばすために必要な栄養素とは?】
①カルシウム
②マグネシウム
③アミノ酸
④ビタミン類
⑤タンパク質

等など

バランスの良い食生活を送っていれば、どれも必然的に摂れる栄養素ですよね。

ですが、バランスの良い食生活の難しさは、皆さん痛感しているはず。
特に成長期で身長の伸び盛りの子供たちに付きまとうのが「好き嫌い」。
悩んでいる親御さんも多いでしょう。

ここからはそれぞれの栄養素がどうして身長を伸ばすうえで欠かすことが出来ないのかを、掘り下げてみていきたいと思います。

身長を伸ばすために必要な栄養素①②カルシウム・マグネシウム

身長を伸ばす、イコールカルシウムと捉えている人も多いはず。
「身長を伸ばすために、毎日牛乳を1リットル飲んでいた!」なんて声も昔は良く聞きましたよね。

もちろん、牛乳は身長を伸ばすうえで欠かせない豊富な栄養を持つ飲み物であることに間違いはありません。
カルシウムは骨を丈夫にしてくれる代表的な栄養素ですしね。

ですが、実はカルシウムだけでは物足りないんです。
というのも実はカルシウムをしっかりと吸収させて、それをさらに骨に定着させるには【マグネシウム】が欠かせないからなんですよ。

【カルシウムが豊富な食材とは?】
牛乳、ヨーグルト、チーズ等の乳製品

【マグネシウムが豊富な食材とは?】
昆布、のり、ひじき等の海藻類
アーモンド、胡麻等のナッツ類

カルシウムとマグネシウムは、兄弟成分だということをしっかり認識しておきましょう。

身長を伸ばすために必要な栄養素③アミノ酸

アミノ酸には、私たち人間の成長をサポートする働きが期待できると言われています。
数あるアミノ酸の中でも特に注目してほしいのは「アルギニン」です。

アルギニンは別名「成長アミノ酸」とも呼ばれています。
アルギニンは、身長を伸ばすうえで欠かせないホルモンである成長ホルモンの分泌を促してくれるといわれているんですね。

【アルギニンが豊富な食材とは?】
大豆
肉、魚

ただ、アルギニンに関していうと実は食材から多くを摂ることが難しいとも言われているんだとか。
ですので、アルギニンに関してはサプリメントなどを上手に活用して摂取するのがいいかもしれませんね。

身長を伸ばすために必要な栄養素④ビタミン類

ビタミンに関しては、中でもおすすめしたいものをピックアップしてご紹介していきます。

(1)ビタミンB6

ビタミンB群の中でも、ビタミンB6はタンパク質をアミノ酸に分解する働きが期待できます。
アミノ酸は前述の通り、成長ホルモンの分泌をサポートしてくれる優れもの。
つまり、身長を伸ばすうえで欠かせない役割を担ってくれるんですね。

【ビタミンB6が豊富な食材とは?】
赤身魚
ささみ
バナナ
さつまいも等

(2)ビタミンD

最近よく耳にするビタミンD。
ビタミンDはカルシウムのかなり強力なサポーター!
その働きは本当にマルチで…

・カルシウムがしっかり血液の中にとりこまれるようにサポートしてくれる。
・身体の外へカルシウムが流れ出てしまうのを阻止してくれる。
・骨の代謝サポートをしてくれる。

【ビタミンDが豊富な食材とは?】
青魚
きのこ類等

ちなみに余談ですが、ビタミンDは実は太陽を浴びることでも得られるビタミンなんです。
太陽を浴びることで、体の中に自動的に作られるビタミンなんですね。
紫外線の影響だったり、夏場の気温が高い日には熱中症など気をつけるべき点は多々ありますが、おひさまの光を浴びて運動をすることも大切ですね。

身長を伸ばすために必要な栄養素⑤タンパク質

最後にご紹介する栄養素は、タンパク質です。

タンパク質には、骨を伸ばしてくれる働きが期待できます。
もう少し詳しく説明すると、タンパク質の役割の一つである「コラーゲンを作り出す」ということが深く関係してくるんですね。
というのも、コラーゲンは実は新しい骨を作る上で欠かせない材料の一つなんです。
それゆえに、コラーゲンが不足した状態では骨の伸び、つまりは身長の伸びに悪影響だというわけなんですよ。

【タンパク質が豊富な食材とは?】
肉類
魚類
豆類

まとめ

いかがでしたか?

身長を伸ばすうえで重要な役割を担っている栄養素たちをご紹介してきましたが、これらの栄養素がしっかり働くにはやっぱり「バランス」が大切になってきます。

基本的な栄養素がしっかり摂れているからこそ、相乗効果で更なる働きが期待できるもの。
身長を伸ばしたいからと言って、上記の栄養素だけを多くとってもその働きは十二分に発揮できません。
好き嫌いがどうしてもあるようであれば、嫌いな食材に豊富に含まれている栄養素や嫌いな食材がダイレクトに入っているようなサプリメントなどを上手に活用していくのがベストといえるでしょう。

身長を伸ばすためにおすすめしたいおやつって?

身長を伸ばすために必要な栄養素に関して、アレコレここまでご紹介してきました。
ここでちょっと一休み。
身長を伸ばすのにおすすめしたい「おやつ」についてご紹介していきたいと思います。
手軽に購入できるものから、余裕があるときに手作りしたいものまで…。
ご自身のライフスタイルに合わせて、ぜひ普段の食生活に取り入れてみましょう♪

おやつイコール補食という考えをまずは知ろう

おやつと聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか。
私自身、子供が生まれて離乳食などを始めるまでは、おやつイコールスナック菓子だったりチョコレート菓子のイメージでした。

ですが、実は成長期の子供たちにとっておやつはとっても大切なエネルギー源。
おやつとは「補食」に当たるものなんですね。

【補食とは?】
必要な栄養やエネルギーを満たすために、通常の食事に加えて物を食べること。
(コトバンク デジタル大辞泉より参照 
https://kotobank.jp/word/%E8%A3%9C%E9%A3%9F-690302

つまりは、朝・昼・晩の三食で補いきれないエネルギー源を補給することなんですね。
特に小さいころは一度に沢山はまだまだ食べられませんので、そういった意味でもこまめにエネルギーを補給することはとっても大切なんですよ。

手軽に買えて便利な補食ってある?

とはいえ、朝昼晩に加えて補食まで手作りする余裕がない!そんな方も多いかと思いますが大丈夫。
市販のものでも補食として役立つものは沢山ありますよ。

【手軽で便利!購入できる補食とは?】
①バナナ
②おにぎり
③干し芋
④アーモンド
⑤豆乳

今回はどれもコンビニで手軽に手に入るものをチョイスしてみました。
①②に関しては、THE補食といった感じですね。
腹モチもいいので、塾や部活動などで晩ごはんが遅くなりそうなお子様にはおすすめです。
③の干し芋に関しては、糖質をしっかり摂れ、それでいて脂質も少ない優れた食材。
噛みごたえもあり、腹モチもいいです。
④のアーモンドについては、ビタミンEやミネラルがとっても豊富ですね。
⑤の豆乳に関しては補食を取る時間がない時におすすめです。
骨の成長に欠かせないタンパク質を摂ることもできますし、最近は機能性食品として豊富な栄養素を含んでいるものもたくさん販売されています。
牛乳嫌いなおこさんにもいいでしょう。
味の種類もとっても豊富ですよ^^

市販の補食を購入する際に気を付けてほしいこと

上記では手軽に手に入る市販の補食をご紹介しましたね。
ただちょっと気を付けてほしいことがあります。

それは「添加物」が極力含まれていないものをチョイスしてほしいということなんですね。
もちろん、添加物といっても全ての添加物がNGというわけでは決してありません。
全くの無添加の食品を取り入れるというのもやっぱり難しい話ですし、コスト面でも高くついてしまいがち。
また、添加物と一言でいっても、ナチュラルな原材料のものもあります。
ここでいう添加物とは、化学的に作られたもののこと。
詳しく見ていきましょう。

おすすめ出来ない食品添加物①人工甘味料

最近よく「人工甘味料不使用」の文言を市販のものでも見かけるようになってきましたね。
これはどうしてなのかというと、摂りすぎてしまうと健康に支障をきたす恐れがあるともされているからなんですね。
一例を取り上げてご紹介してみましょう。

【スクラロース】
甲状腺に影響を及ぼす可能性があるといわれている。
成長期の子供の成長を遅らせる可能性もあるとされている。

【アステルパーム】
腎機能がダウンしてしまう可能性があるといわれている。
生殖機能障害ももたらす可能性がある。
世界保健機関から注意すべきだと発信もされている。

特に、アステルパームに関しては清涼飲料水などに良く含まれています。
カロリーゼロ商品に多いので、ちょっとチェックしてみてください。

おすすめ出来ない食品添加物②合成着色料

こちらも上記①と同様で、「合成着色料不使用」という文言を多く見かけるかと思います。
というのも、合成着色料はとりすぎてしまうと以下のような健康被害が引き起こされる可能性があるとも言われているからなんですね。

【合成着色料(タール色素)がもたらす可能性がある症例とは?】
・アトピー性皮膚炎
・発がんリスク
・妊娠率をダウンさせてしまう
・遺伝子を壊してしまう

等など

上記では合成着色料の中のタール色素をピックアップしてご紹介しました。
アイスクリームだったり、清涼飲料水等に多く使用されているようですね。

ちなみに日本では認可されている添加物ではありますが、アメリカなどでは法律でNGとされているもののようですね。

おすすめ出来ない食品添加物③保存料

立て続けに何度もお伝えしていますが…保存料もやっぱり最近では「不使用」をうたわれている食品を多く見かけますよね。
もちろん、絶対悪!というわけではなく、食品を腐らせないためにはとっても必要なアイテムです。
ですがやっぱりこれも、取りすぎないように心がけるのがおすすめですね。

【保存料が多く含まれている食材とは?】
・ハム
・ソーセージ

うーん…どれをとっても子供が大好きなものばかりですよね(笑)

健康にどう影響するのかというと、発がんのリスクが上がってしまったり、発育不良も危惧されているといいます。
安息香酸ナトリウム、ナトリウムというように表記されているようですので、参考にしてみてくださいね。

おすすめ出来ない食品添加物④酸化防止剤

最後にご紹介するのは、酸化防止剤。
食材が腐ってしまわないように、そのスピードを送らせてくれる働きが期待できます。

おすすめ出来ないのは、酸化防止剤の中でも天然ではないタイプのもの。
天然のものだとビタミンCが代表的。
こちらの場合は特に健康に害があるとは言われていません。

あまりお勧めできないのは、“BHT”“BHA”というものですね。
摂りすぎてしまうと、発がんのリスクが上がってしまうんだとか…。
他にも、アレルギーを引き起こすリスクもあるようですよ。

時間があるときには手作り補食がやっぱり一番!

最後に、時間がある方に向けておすすめの手作り補食レシピをご紹介させていただきますね。

【おすすめの手作り補食①おからドーナツ】

【材料】
おから 100g
ホットケーキミックス 150g
砂糖 大さじ1
牛乳 大さじ1
卵 1個
レーズン 大さじ1
油 適量

【作り方】
①ボウルにおから、砂糖、牛乳を入れる。
②①をよく混ぜて、卵を加える。
③ホットケーキミックスと刻んだレーズンを加えて混ぜて、ドーナツの型抜きをする。
④180℃の油で揚げる。

【おすすめの手作り補食②ヨーグルトパンケーキ】

【材料】
卵 1/3個
牛乳 35ml
ホットケーキミックス 50g
ココナッツオイル 大さじ1
水切りヨーグルト 80g
好みのドライフルーツ 40g
メープルシロップ 大さじ2

【作り方】
①ボウルに卵と牛乳を入れてよく混ぜる。
②ホットケーキミックスを加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
③ココナッツオイルを加えてさらに混ぜる。
④フライパンを熱し、お好みの大きさに丸く流し入れて、両面を焼く。
⑤焼きあがったらお皿に盛って、水切りヨーグルトを添えてドライフルーツを刻んで散らし、メープルシロップをかける。

(ジュニアアスリートに向けたバランスのよい献立づくりをサポートより参照
https://www.nisshin-oillio.com/sports/recipe/index.html

まとめ

いかがでしたか?

ここでご紹介した食品添加物は、もちろん100パーセント害がある!というわけではもちろんありませんのでその点だけは注意してください。
食品衛生法で認可されていますし、厚生労働省からも人体には影響がないとされています。
ただ、海外では使用自体が禁止されていることも多いのも現実です。
すべてを除去して生活していくのは、日本では難しい話ですし、あくまでも“摂りすぎ”がおすすめではないということ。
時間に余裕があるときなどは手作りにしてみる。
市販のものを手に取るときは“添加物不使用”などの文言をチェックしてみる。
少しの心がけでも変わってくると思いますよ。

身長を伸ばすために必要な三大要素③睡眠

さて、身長を伸ばすために必要な三大要素-最後にご紹介するのは「睡眠」に関してです。

これまでご紹介してきた食事や運動に関しても悩まれている親御さんはとっても多いかと思いますが、なかでも睡眠に関して悩まれている親御さんはとっても多い!
詳しく見ていきましょう。

睡眠不足に陥りやすい現代の日本の子供たち

最近の日本の子供たちの睡眠不足は、本当に深刻で問題視されているようです。

【日本の子供たちが睡眠不足になりやすい訳とは?】
・私立中学への受験者数が増加。毎日の学校の宿題に加えて、塾の宿題など勉強に追われることが多く、必然的に睡眠時間が短くなってしまいやすい。
・パソコンやテレビゲーム、スマートフォンなどを夜遅くまで使用する子供が増えてきている。物理的な睡眠時間の短縮は勿論のこと、ブルーライトなどの光で興奮状態に陥りやすいため睡眠の質の低下にもつながってしまう。

もちろん、他にも様々な理由が考えられるでしょう。ですが多いとされているのは上記の2つですね。

世界的に見ても日本人の睡眠時間は少ない傾向にある!

アメリカやフランス、イギリスなどといった欧米先進諸国と比較すると、実は日本の睡眠時間は約1時間も短いといわれているといいます。(OECD 経済協力開発機構の調査による)
働きすぎとされている日本。
こちらの調査には、もちろん大人がその大半ではありますが、親が忙しく睡眠時間が摂れていない現状であれば、必然的に子供もどうしても影響を受けやすいもの。
働くママも増えているため、保育園等のお迎えも遅くなりがち。
夕ご飯の時間帯や寝かし付けの時間も遅くなって…結果として睡眠時間が遅くなってしまいやすいんですよね。

子供の理想的な睡眠時間を知ろう

では一体どのくらい睡眠時間を確保することが理想なのでしょうか。

【子供の理想睡眠時間】
0~3ヶ月 14~17時間
4~11ヶ月 12~15時間
1~2歳 11~14時間
3~5歳 10~13時間
6~13歳 9~11時間
14~17歳 8~10時間
18~25歳 7~9時間

(参考:必要と考えられている人間の年齢別睡眠時間(2015 米国国立睡眠財団公表))

ご自身のおこさんの睡眠時間はいかがでしょうか。
あくまでも理想ではありますが、少しでも上記時間に近づけていきたいですよね。

睡眠と身長の伸びはどう関係があるの?

さて、ここまでは日本・そして日本の子供たちの睡眠不足の現状についてご紹介してきました。

ここからは本題です。
では一体どうして睡眠が身長の伸びに影響してくるのでしょうか。

その答えはずばり!【成長ホルモン】と深い関係があるんですよ。
身長を伸ばすうえで欠かせない成長ホルモン。成長ホルモンが分泌されることによって、骨芽細胞がしっかりと働いて骨を伸ばしてくれる。
これがすなわち身長を伸ばすことにつながっていきます。
成長ホルモンの分泌が活発に行われているのは、眠っている間だといわれています。
つまりは、睡眠の時間が少なくなればなるほど、成長ホルモンの分泌も活発に行われにくくなってしまうんですね。
だからこそ身長を伸ばしてあげるには、しっかり睡眠時間を確保して、骨の成長を促してあげる必要があるんですよ。

睡眠時間の確保の為に出来る工夫がある

とはいえ、どうしても勉強の時間は削ることが出来ない!そんなお子さんもやっぱり多いでしょう。
であれば、睡眠の質を向上させることを意識してみてください。
睡眠の質を上げることで、寝つきもよくなることが多いですし、そうなれば睡眠時間も少しは多く確保できるかもしれませんよ。

【睡眠の質を上げる方法①電子機器の使用時間を決めてあげること】

電子機器とは具体的に言うと、上記でもご紹介しましたがスマートフォンやパソコン、テレビなどがこれに当たります。
熱中しすぎるあまりに時間を忘れてしまい、物理的に睡眠時間が短くなってしまうのももちろんですが、ここでお話したいのは「ブルーライト」です。
ブルーライトには脳を興奮状態にさせてしまう働きがあるといわれています。
スマートフォンを寝入りばなまで使用していて、いざ寝ようと思ってもなかなか寝付けなかったなんていう経験はありませんか?
これがブルーライトの働きによるものですね。
ですので、だらだらと使用してしまわないように、夜20時に寝るのであればその1時間前までに使用を終わらせる等ルールを決めて使用するのがおすすめです。
また、寝室にそれ自体を持ち込まないのもいいでしょう。
ついつい触ってしまうことも多いかと思いますので、強制的に触れない環境にしてしまうのもいいかもしれませんよ。

【睡眠の質を上げる方法②体温管理をしてあげること】

体温管理といいましたが、具体的に言うと「お風呂」に関してですね。
皆さんはお風呂にはどのタイミングで入っていますか?
諸説ありますが、おすすめとしては就寝時間の約1時間前にお風呂に入ることです。
お風呂に入ることで、私たちの体温はぐっとあがりますよね。
これが調度下がってくるタイミングが、だいたい1時間後だといわれています。
1時間後だと体温が下がるスピードが急なんですが、急であればあるほどに実は質の良い眠りにつながりやすいといわれているんですね。
ちなみに、以下の③にもつながってくるのですが、お風呂の温度は40度前後がおすすめです。
15分から30分程度、ゆっくり使ってあげることでリラックス効果も期待できるんだとか。
熱すぎる湯船の温度は、目がさえてしまう可能性もありますので、要注意ですよ。

【睡眠の質を上げる方法③リラックスできる環境づくりをしてあげること】

これは誰でも想像がつきやすいですよね。
眠る前に大音量で音楽を聞くよりも、ヒーリングの音楽を聞く方がスムーズに入眠しやすくなるのは当たり前の話。
つまりはリラックスすることが大切になってくるんです。
上記のようにゆっくりと湯船につかることもおすすめですし、アロマを活用してみるのもいいでしょう。
おすすめの香りは、ラベンダーやオレンジスイート、カモミール等。
寝る前までにアロマの香りで寝室を満たしておいてもいいかもしれませんね。
また、意外と見落としがちなのがパジャマです。
パーカーやスウェットで寝ている…なんて方も多いかもしれませんが、寝返りも打ちにくく、睡眠の質を下げてしまいかねません。
汗をしっかり吸収して、それでいて動きやすさも重視されているようなパジャマを着てみてくださいね。
シルク素材は夏は汗を吸収し、冬は保温にも働くので年中使えておすすめですよ。

【睡眠の質を上げる方法④食事の時間を管理してあげること】

食事の時間も、睡眠の質に影響してきます。
寝る前に例えば小腹がすいたからと言って何かを口に入れてしまうと、消化吸収が調度寝付くタイミングで活発化してしまいます。
そうなってしまうと、身体や脳がしっかり休めない状態になってしまうんですよ。
塾の時間が遅いなどどうしても食事の時間が遅くなってしまう場合は、消化の良いうどんなどがおすすめです。
また、食事だけではなく飲み物にも注意してください。
カフェインなど覚せい作用があるものを含んだ飲み物は控えて、ノンカフェインのお茶やホットミルクなんかがおすすめですよ。

まとめ

いかがでしたか?

「寝る子は育つ」といいますが、あながち間違いではないんですね。

最後に意識してほしいこととしてお伝えしたいのは、お子さんだけではなく親御さんもぜひこの機会に早寝を意識してほしいということ。
子供だけに「早く寝なさい!」と伝えるのではなく、環境づくりの一環として家族全員で早寝を意識してみましょう。
就寝前にはリビングのテレビは消して、リラックスできる環境づくりをし、家族みんなで早起きも心がけてみて。
そうすれば「早寝が当然」の家庭環境になってくるかもしれませんよ。

身長を伸ばす近道?!栄養補助食品って実際どうなの?

さて、ここまで身長を伸ばすうえで必要な要素に関してご紹介してきました。

三大要素である「睡眠」「食事」「運動」。
この中で今回ピックアップしたいのは、お食事に関してです。
というのも、成長期のお子さんは特に好き嫌いが多いですよね。
そんな中で身長を伸ばすためにあれこれ考えて食事メニューを用意しても、全然食べてくれなかった!なんて声もよく聞こえてきます。
そんな親御さんにおすすめしたいのは、ずばり!栄養補助食品なんです。

栄養補助食品ってそもそもなあに?

まず最初に、何となくはその言葉からイメージがつくかと思いますが、ここで改めて「栄養補助食品」についてご説明しておきます。

【栄養補助食品とは】
栄養成分を補給し、特定の保健の用途に適する食品。健康補助食品、サプリメントともいう。医薬品ではないため効果や効能の表示はできない。

(参考:コトバンク ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より一部抜粋
https://kotobank.jp/word/%E6%A0%84%E9%A4%8A%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E9%A3%9F%E5%93%81-155015

○○に効く!なんてワードはご法度!
上記にある通りに医薬品ではないので、効果が絶対!というものではありません。
あくまでも栄養の「補助」がメインなんですね。

無理をしてまで食べさせる必要性

ここからはあくまでも筆者個人の考えではありますが、例えば子供のころに食べられなかった食材が、大人になると食べられるようになったという経験はありませんか?
もちろん、好き嫌いなくバランスよく食べられることが一番ですが、無理に食べさせようとすればするほどに子供に苦手意識が生まれてしまうこともあったり、何よりお母さんにも負担がかかってくる。
「どうして食べてくれないの!」なんてイライラしてしまう方もいるのではないでしょうか。

あるいは、細かく刻んでごまかして食べさせたり…。
本当に涙ぐましい努力!
できる事ならそれが一番ではありますが、毎日必ず無理をしなくてもいいと筆者は考えます。
料理だけではなく、洗濯や掃除等とにかく忙しいママ達。
だからこそ、たまには栄養補助食品に頼ってみるのもいいのではないでしょうか。

栄養補助食品に頼るメリットは?

ここで栄養補助食品に頼ることで得られるメリットについて、改めてご説明します。

①苦手な食材を無理に食べさせる必要がなくなる。料理の手間も省ける。
②効率よく栄養素を吸収しやすい。

1番に関しては、上記の項目でお話しましたね。

ここで掘り下げてお話をしたいのは2番についてです。
例えば特に好き嫌いが無いお子さんの場合。あえて栄養補助食品に頼る必要性はないかもしれませんね。
ですが、見落としがちなのが食材ではなく、「栄養素」。

例えば、わかりやすく説明をすると水溶性のビタミン類です。
果物なんかに多いのですが、洗ってしまうとそこでビタミンが流れてしまっていたりする。
他にも食材によっては、加熱によっても栄養素が半減してしまったりするんですね。
そうなると、せっかくバランスよくお食事をしていたとしても、体の中に効率よく栄養素を補給できているとはなかなかいいがたかったりもするんですよ。

その点、栄養補助食品であれば栄養素が壊れにくいような加工方法を用いているメーカーも多いので安心。
それに加えて、栄養素の吸収を促してくれるサポート的な栄養素が含まれていたりするんです。(例:カルシウムとビタミンD等)

まとめ

いかがでしたか?

真面目なママさん達ほど子供の食事・栄養管理にやきもきしてしまっている人も多いはず。
もちろん、栄養バランスをしっかり自分で考えて、コントロールででればそれが一番。
ですがあまり無理をせずに、頼れるものにはフルで頼って、上手に子育てもしていきたいですよね^^

のびのびスムージーの良い口コミ・悪い口コミ

成長期のお子さんの成長をサポートしてくれるとして、今人気になっている栄養補助食品「のびのびスムージー」。

今回は実際に飲んでいた方々のネットの声を集めてみました!

良い口コミだけではなく、悪い口コミも、もちろんチェック!
ぜひ参考にしてみてくださいね。

良い口コミ

「牛乳嫌いな息子に飲ませています。まだ飲ませ始めて1カ月なので、その働きを実感するまでには至っていません。が!牛乳嫌いなお子さんをお持ちの方にはぜひおすすめしたいですね。ココア味なのでごくごく飲めるようで、本人もかなり気にいっています。牛乳が飲めない分、こちらでしっかりカルシウム補給をして、身長が伸びることを期待したいです♪」(小学4年生の男の子のママ)

「とにかく味がおいしい!私も一緒に飲んでいます。(笑)子供だけではなく、家族で飲んでいて、まだ息子の身長には??ですが、おいしいのでジュースの代わりとしても今後とも続けたいなと思います。ジュースを飲ませるのは罪悪感があるけれど…これなら栄養豊富で安心です^^」(小学2年生の男の子のママ)

沢山の口コミをチェックしましたが、皆さん口を揃えて言うのは“おいしい”というセリフ!いくら体にいいとはいえ、まずかったら続けられないですし、更にいえば続けない限りその働きも実感できませんね。

「下の息子の身長面でサポートしてほしいと思って購入。まだ1週間なので、当たり前ですが身長の伸びはわかりません。が、その他に身体に変化を感じていてびっくりです!まず、上の娘の肌荒れが治ってきました。好き嫌いが多いので栄養バランスが悪かったんです…これが改善したのかもしれません!他にも、主人の便秘が改善されたと喜んでいました!乳酸菌・ビフィズス菌のお陰でしょうか?!沢山のメリットがあるので、家族で続けます!」(小学1年生の男の子・中学1年生の女の子のママ)

「お腹を壊しやすい息子なので、新しい食材は勿論、栄養補助食品も心配でした。それでも私も主人も身長が低いことで悩んでいたので、息子に同じ思いをさせたくないと思って思い切って購入!身長は少しづつ伸びを実感。ただ私はそれよりも、息子のおなかの調子が整ったことにびっくりしました!ヨーグルトや乳酸菌飲料を飲んでもなかなかすっきりしなかったのに!思わぬところでのびのびスムージーの良さを実感しましたね。」
(小学4年生の男の子のママ)

身長を伸ばしたいという理由でのびのびスムージーを買い始めた方が多いようですが、その他に身体に変化を実感した親御さんたちも多かったんです。商品に関する詳しい説明はまた別の記事でご紹介しますが、とにかくのびのびスムージーは身長以外のサポート面も手厚いんですね。

「かれこれ1年は飲み続けています。最初のころは正直よくわかりませんでした。が、一年たってみて、ふと気づくと周りのお友達よりも大きくなっている息子!今ではすっかり列の後ろの方をキープできています。食事や睡眠に加えてのびのびスムージーはもはや定番!身長を活かしたスポーツがしたいと、今から進学を楽しみにしています♪」
(小学6年生の男の子のママ)

「バレーボール部でずっと補欠だった娘の為に、少しでも協力したいと思って購入したのが中学1年生の時でした。今、中学2年生ですが、ばっちりレギュラーになることが出来ましたよ!勿論、睡眠管理など様々な努力のかいもあるかと思いますが、のびのびスムージーを飲み始めてからの身長の伸びはとってもよかったように感じています。」
(中学2年生の女の子のママ)

最後はバッチリ身長の伸びを実感できた親御さんたちの口コミです。
皆さん、のびのびスムージーの働きを実感していますが、キーポイントは『継続』と『併用』ではないでしょうか。
コツコツと長い期間続けて飲み、尚且つ睡眠や食事の管理も行っている。
だからこそより一層の働きを実感できているんですね♪

悪い口コミ

「もう2週間も飲み続けていますが、身長が全然変わりません!バレーボールのクラブに入っているので、少しでも身長を伸ばしてあげられたら…と思っていたんですが。なので定期購入もやめました。期待していたので残念です。」
(小学5年生の女の子のママ)

「かれこれ1ヵ月飲みました。確かに身長はこれまでと比較すると伸び方が違う気がしますが、期待には届きませんでした。」
(小学3年生の男の子のママ)

悪い口コミで見受けられたのは“効果がなかった!”“期待したほどではない!”というものです。ですが…飲んですぐぐんと身長が伸びた!なんて逆に恐ろしい話!一般的にサプリメントなどはその働きを実感するには、3か月程度時間を要するといわれています。効果を直ぐに実感したい!と焦ってしまう気持ちはあるかと思いますが、根気強く続けてあげる必要がありますね。

まとめ

調べてみると、圧倒的に良い口コミが多く、その中にちらほらと悪い口コミがあるかな?といった印象でした。

サプリメントなどの栄養補助食品は、医薬品ではありません。
そのことをしっかり念頭において、根気強く続けてあげることが、働きを実感するコツなのかもしれませんよ。

身長を伸ばすおすすめストレッチとは?

身長を伸ばすうえで欠かせない要素の一つとして運動をご紹介しましたが、今回は手軽にできるストレッチをいくつかピックアップしてご紹介していきたいと思います。

運動する暇がなかなかないなんて時に、ぜひトライしてみてくださいね。

誰でもどこでも出来ちゃう!-背伸びのストレッチ

最初にご紹介するのは、意識しなくとも無意識に行っている人も多いであろう“背伸びのストレッチ”です。

①両手を伸ばして、胸の前で組む。
②そのまま頭の上まで持ち上げて、手のひらを反すようにする。
③そうしてぐーんと、手と脚を引き離すようなイメージで背伸びをする。
④この状態を5~10秒程度キープする。
⑤だらんと脱力してストレッチ完了!これを3~5セット行う。

運動前に行うのもおすすめですし、このストレッチを準備運動にして次のストレッチに移っていくのもおすすめ。
身体が縮こまっている状態から引き伸ばしてあげましょう。
リラックスした状態で行ってくださいね^^

これなら大人の方でも仕事の合間にできますし、お子さんも休み時間などのちょっとした時間でも出来ちゃいますよね。

胸の緊張をほぐしてあげて!-胸のストレッチ

続いてご紹介するストレッチも、どこでも手軽にできるもの。
特に猫背になりやすいお子さんにはおすすめです。
猫背になってしまうと、胸の筋肉も縮こまりやすいんですよ。

①両手を背中の側で組む。
②この状態でグーッと胸を張り、両手を背中から離してあげる。
③この状態で30秒程度キープする。
④だらんと脱力してストレッチ完了。これを3~5セット行う。

最初にご紹介した背中のストレッチと同様で、こちらもどこでも手軽にできるストレッチですね。
背中のストレッチと1セットで行えば、胸と背中とで上半身の筋肉をバランスよくほぐすことが出来ますよ。

腰や太ももの裏側を伸ばしてあげる!-ブリッジストレッチ

続いては、寝転がって行うストレッチです。
身体が温まって伸びやすい状態の入浴後等に行うのがおすすめですよ。

①仰向けに寝て、両ひざを立てる。
②この状態から両ひざを持ちあげていく。両手は足元の方へ伸ばしていき、足首をつかむ。
③腰の方から胴体を持ちあげる。背中をグーッと伸ばしていく。この状態を5秒程度キープする。
④ゆっくりと胴体をもとの状態まで戻してあげる。これを3~5セット行う。

最初は少しきつく感じるかもしれませんね。
ですが、このストレッチを行うことで、背中の筋肉に柔軟性が出てくるといいます。
腰や太ももの裏側も伸びて、慣れてくると気持ち良さも感じることが出来ると思いますよ。
慣れるまでは無理をせずに、出来る範囲の回数で行ってみてくださいね。

ヨガのポーズで背筋を鍛える―コブラのポーズストレッチ

ヨガをやったことがある人であれば、おなじみのポーズですね。
通称コブラのポーズと呼ばれるこちらのストレッチは、ストレスの解消や疲労回復の効果も期待できると言われているんですよ。
勉強に疲れたときなど、合間に行うのもいいかもしれません。

①うつ伏せで寝そべる。
②足を腰幅に開く。
③足の甲を床につけて、額の下で両腕を組む。
④両腕を胸の横におく。この時、脇は締めるようにする。
⑤息を吸って、上半身を起こしていく。両掌で床を軽く押して行う。
⑥そうして、徐々に肘を伸ばしていき、更に上半身を反らしてあげる。
⑦この状態で30秒程度キープする。
⑧ゆっくりと元の体勢に戻る。
⑨これを3~5セット程度行う。

ポイントとしては肩をすくめないようにしてあげることですね。
両耳から肩を話してあげるようにイメージしてあげれば、肩周りの筋肉がほぐれていきます。
勉強で肩こりになりやすいお子さんにも、ぜひトライしてほしいストレッチですよ。

まとめ

いかがでしたか?

身長が伸びていく過程で、意外にも見落とされやすいのが“筋肉のコリ”だといいます。

ついつい運動に意識が向きがちですが、そもそも筋肉にコリがある状態だと、せっかくの成長の滞りにつながる可能性があるんだとか。

また、身長の伸びを期待しているお子さんの中には成長痛を実感している方も多いはず。
ストレッチには成長痛を緩和する働きも期待できると言われています。
毎朝の起床時や入浴後のリラックスタイムなど、ストレッチを毎日の習慣にしてみてくださいね。

牛乳を飲むと本当に身長は伸びるの?!

身長を伸ばすためにはどんな食べ物・飲み物がいい?!-そんな質問を投げかけると、大半の方が答えるのが“牛乳”です。

筆者自身もこのフレーズはよく耳にしていて、中には身長を伸ばすために、毎日牛乳を2リットルも飲んでいる!なんてつわものもいたくらいです。

ですが、これって果たして本当なのでしょうか?!
もしかすると都市伝説なのでは?!
そんな疑問を今日は解決していきたいと思います。

そもそも牛乳ってどんな飲み物?

牛から取れる…だなんてあまりにも基本的なことはさておいて!まずは最初に牛乳の意外と知られていない基本情報からご紹介していきたいと思います。

【意外と知らない!?牛乳の基本データ】
・牛から搾り取られた未殺菌の“生乳”が加熱処理などによって殺菌され加工された飲料のこと。
・人間の母乳と比較するとタンパク質が約3倍、カルシウムは約4倍も含まれている。
・ヤギの乳と比較しても、牛乳はタンパク質、カルシウムの配合量が優れている。

人間の赤ちゃんに至っては、近年母乳育児が推奨されていますよね。
そのイメージが強かったので、牛乳よりも栄養価が高いのでは?!なんて考えていたのですが…タンパク質やカルシウム量はかなり牛乳の方が勝っていますよね。
これには驚きました。
ただし…炭水化物(=糖質)に関しては、人間の母乳の方が含有量が高いんだといいます。
これは人間の場合は脳の発達が著しいため、脳に必要な糖質をとらなくてはならないためと考えられているようですよ。
そう考えると、人間には人間の…牛には牛の…それぞれの働きがあって、だからこそそれぞれの赤ちゃんに適したものが身体で作られるなんてすごい話ですよね!

牛乳には具体的にどんな栄養素が含まれているの?

さて、基本的なことがわかったところで、実際に牛乳に含まれている栄養素についてチェックしていきましょう。

【牛乳で補える栄養素とは?】
①カルシウム
②タンパク質
③脂肪
④炭水化物
⑤ビタミンA
⑥ビタミンB群

それぞれがどのようにして身長の伸びと関係しているのか…
上記の中で身長の伸びに関係している2つの栄養素をピックアップして、もう少し掘り下げて見ていきましょう。

身長の伸びと牛乳の栄養素の関係①カルシウム

牛乳に含まれているカルシウムの量はどの程度なのかというと、コップ一杯(200ml)で約220mg程度だといいます。
これはどのくらいの量なのかというと、大人が摂るべき一日のカルシウムの量の約1/3なんだとか。
通常の食事でもチーズやヨーグルトといった乳製品などでカルシウムは摂取できますので、そう考えると牛乳一杯でかなりのカルシウム量がフォローできちゃうんですね。

そんなカルシウム。
免疫力をキープしてくれたり、ホルモンの分泌などにも役立つのですが、やっぱりメインとして多くの人が認識している役割は【丈夫な骨や歯を作り出す】ということですよね。
これが身長の伸びにつながっていきます。

身長を伸ばすうえでは、骨の成長は欠かせない要素です。
カルシウムは決して骨を伸ばして、身長を直接的に伸ばしてくれるわけではありません。
ですが、骨自体が丈夫でなければ、骨の成長にはつながらないもの。
だからこそ、まずは大前提としてカルシウムの摂取が身長を伸ばすうえで欠かせないのかもしれませんね。

身長の伸びと牛乳の栄養素の関係②タンパク質

ここで登場するのが、タンパク質。

というのも、タンパク質には骨を伸ばしてくれる働きが期待できるからなんですね。

また、更に言うとタンパク質には成長ホルモンの分泌を促してくれる働きも期待できます。
つまりは骨にダイレクトに働きかけてくれるだけではなく、内面からも骨の成長を手助けしてくれる優れた成分なんですよ。

牛乳で身長が伸びるは嘘ではなかった!

結論をお話すると…牛乳を飲むことで身長が伸びるというのはあながち間違いではないようですね。
土台を強くしてくれるカルシウムと伸びを手助けしてくれるタンパク質が豊富に含まれています。

ただし、注意してほしいのは牛乳を飲めば必ずしも身長が伸びる訳ではないということ。
大切なのはやっぱり“バランス”です。牛乳だけに頼るのではなく、3食の食事管理もしっかり行ってあげること。

尚且つ運動や睡眠もしっかりとることによって、身長の伸びがより一層期待できるんですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ